HOME > 日本へ留学を希望する方へ > 日本語学校への入学 > 日本語学校の種類

一般的に、日本留学においては渡日してまず日本語学校に入学し、日本語などを1~2年間学習した後、大学などを受験するケースが多いようです。したがって、良い日本語学校に入学するかどうかは日本留学希望者にとって非常に重要です。大学や大学院等への進学を希望する場合に選ぶ日本語教育機関としては、次の2種類があります。

1.私立大学の設置する「留学生別科」

・私立大学の「私立大学留学生日本語別科」とは、大学における教育の一環として学校教育法に位置づけられた正規の教育課程。大学・大学院または短期大学に留学生、研究員として入学する人のために、準備教育として日本語および日本事情・日本文化その他必要な科目を教育することを目的とした教育機関です。

・私立大学留学生別科の学生の場合、日本の在留資格は「留学」になります。多くの留学生別科では、日本文化・日本事情を日本語で教えますが、なかには英語で教える留学生別科もあります。

・私立大学留学生日本語別科は、私立大学と私立短期大学66校に設置されています。日本に留学する目的や勉学の分野、留学生別科を修了した後の将来のコースをよく考え、自分に適した私立大学留学生日本語別科を選ぶことが重要です。私立大学留学生日本語別科を設置している同じ大学に進学する場合、大学によっては入学者選考に際してそのまま進学できるなど、特別な措置がとられることもあります。

私立大学・短期大学留学生別科一覧

私立大学が大学・短期大学・専門学校への進学希望者を対象に設置する日本語予備教育を行うプログラムを掲載しています。交流協定校からの学生のみに受入れを限定しているものは掲載していません。最新の情報については、必ず各学校に問い合わせてください。


日本学生支援機構(JASSO)ホームページ
http://www.jasso.go.jp/index.html


・私立大学留学生日本語別科に出願するには、自分の希望する留学生別科を選び、資料を請求します。出願するには、12年間(小学校、中学校、高校)の学校教育を修了していることが条件となります。もし自国の教育事情で年数が足りない場合は、以下の方法で条件を満たす必要があります。
(1)その国の高等教育機関(大学等)に在学した年数を加算し、通算して12年以上の条件を満たすこと。
(2)文部科学省指定の、大学入学のための準備教育課程を修了すること。

大学入学のための準備教育課程の指定を受けた日本語教育機関(準備教育課程)の一覧

日本学生支援機構(JASSO)ホームページ
http://www.jasso.go.jp/index.html

2.来日外国人を対象とする日本語教育を行う「日本語教育期間」

・来日外国人が,大学・大学院等に進学する準備として,専修学校(専門学校),各種学校または各種学校に準ずる機関で日本語教育を行っている日本語教育機関に入学を希望する場合には,希望する日本語教育機関が、法務省の告示により定められた日本語教育機関であることを下記の同省のホームページにて必ず確認してください。

・日本語教育機関に入学する場合、「留学」の査証で入国することができます。

法務省の告示

「出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令の留学の在留資格に係る基準の規定に基づき日本語教育機関等を定める件」

法務省ホームページに掲載
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukanho_ho28-2.html

日本留学を考えはじめたら

●日本留学の魅力
●日本の学校や暮らしのこと…
●基本的な情報収集から始めよう

JASSOが運営する日本留学ポータルサイトへ

Global30

その他の奨学金制度

●他にどんな奨学金制度があるの?
●手続きの方法は?
●何から始めればいいの?

あきらめないで!まだ道はある!

JASSOのサイトへ

英語で学べる大学

日本政府が推進するGlobal30プロジェクトのサイトへ

Global30

学部コース一覧表へ(JASSOサイト)

大学院コース一覧表へ(JASSOサイト)