HOME > FAQ > 留学終了後

留学終了後

卒業してから帰国までにすべきことはありますか。
宿舎の片付け

特に帰国の時は、部屋をきれいにして、大家さんに見てもらった上で、契約を解除しましょう。水道・光熱費の精算や、電話、特に国際電話代の払い残しのないように精算してください。

卒業後の短期滞在

帰国準備のために多少の日数を必要とする場合、最寄りの地方入国管理局等に御相談下さい。
以下のホームページで最寄りの入国管理局の連絡先を探してください。
http://www.immi-moj.go.jp/soshiki/index.html

▲ページトップへ

日本での就職活動について教えてください。

留学後の就職
http://www.studyjapan.go.jp/jp/inj/inj04j.html

日本留学ポータルサイト Gateway to Study in Japan インターンシップ・卒業後の就職
http://www.g-studyinjapan.jasso.go.jp/ja/modules/pico/index.php?content_id=36

▲ページトップへ

就職する際の在留資格の変更はどうすればよいですか。

就職のための在留資格変更の手続は、4月に就職する場合は、原則的にはその年の1月以降から申請を受付けてもらえます。念のために、その年度における受付開始日について、最寄りの入国管理局に確認するようにしましょう。申請してもその場で許可されることはあまりありません。「申請中」の扱いになることが多いので、就職前に一時帰国したい場合などは、タイミングをよく計算してから申請してください。

(参考)提出書類
  1. 在留資格変更申請書
  2. 理由書
  3. 大学の卒業証明書(見込み証明書でも可)
  4. 履歴書
  5. 雇用契約書の写し
  6. 雇用主の概要を明らかにした書類:登記簿謄本、貸借対照表及び損益精算書(新規事業の場合、今後一年間の事業計画書)、事業案内書、外国人従業員名簿等
  7. 返信用封筒(切手貼付)
  8. その他

▲ページトップへ

帰国留学生への支援はどのようなものがありますか。

外務省では、帰国した留学生に対して以下のような支援事業を実施しています。

帰国留学生会の活動を支援
帰国した留学生で組織される「帰国留学生の会」に対し、在外公館を通じて、その会による懇談会の開催等の様々なイベントの実施、同窓会報や名簿の作成などにかかる経費の支援を行っています。
あなたの国に「帰国留学生の会」があるかどうか、その連絡先などについては、「世界の留学生会リスト」をご覧下さい。
もし「帰国留学生友の会」がなく、自分で活動したいという人は、最寄りの在外公館に相談しましょう。

▲ページトップへ

日本留学試験(EJU)

Global30

bnr03