留学生インタビュー

なぜ、日本に留学しようと思いましたか?

現在の中国の青年たちの間では、日本のPOPカルチャー(歌や漫画など)から日本という国に興味を持っている人が多いので、実際に自分の目でなぜ人気があるのか知りたいと思いました。

今の専門分野を選んだ理由と研究の状況はいかがですか?

現在は、光電センサーについての研究の準備をしているのですが、この分野が大学(学部)時代の研究と一緒だったので、大学院でも同じ研究を続けようと考えました。今は4月の正規入学に向けての準備段階です。

先日、囲碁の全国大会で優勝されたそうですが、囲碁のことについて聞かせてください

私は父に習いながら、6歳の時に囲碁を始め、その後週末に近所の囲碁教室へ通いましたが、小学校5年生で教室に通うのはやめ、その後はずっと趣味で続けています。囲碁は中国では大変人気があるんですよ。ですから、中国にいる時もそうでしたが、友人たちとインターネットを通じて囲碁を打っています。中学校、高校と進学校に通ったので、楽しみといえば、たまに友人たちと囲碁を打つことでした。中学生の頃は、南京の大会で優勝し、高校生の頃は江蘇省の青年囲碁大会で優勝しました。その2回の大会で、私は愛知県囲碁代表団と対局しましたが、それが私にとって初めての日本人との接触でした。年齢を重ねるにつれ囲碁の楽しみ方も変化してきて、囲碁は私に人生の教訓を教えてくれました。例えば、悪い手を打つと「くやしい」と考えていましたが、それは意味の無いことだということに気がつき、現在では「次回はいい手を打ちたい。たとえ失敗しても今から頑張れば良い」と考えるようになりました。

日本留学に伴ってどんな準備をしましたか?

中国の南京にある留学センターに行って、日本語学校や大学の情報を得ました。名古屋に留学しようとしたきっかけは、上述の愛知県の囲碁代表団で知り合った先生が、名古屋に住んでいたから、その先生を頼って名古屋にしようと決めました。

日本の印象を教えてください

日本は、社会の制度、例えば健康保険の制度や、交通の便、あとは、電気技術が優れていると思います。また、日本で出会った中国人の留学生はたくさんアルバイトをしながら勉強をしていることに本当に驚きました。私もアルバイトをしていますが、生活費の3割程は父親が送金してくれています。

最後に、これから留学する人へのアドバイスをお願いします

頑張ったら、頑張っただけ必ずいい結果が生まれます。皆さんも是非頑張ってください。

王さん、今日はどうもありがとうございました

掲載日:2005年1月18日