留学生インタビュー

お二人が日本に留学した理由を聞かせてください

(ナワラットジャムルーンさん):私は大学で日本語を専攻していました。日本語を勉強したのは、子どもの頃見た日本のマンガやアニメがとてもおもしろくて、日本語に興味を持つようになったからです。大学4年生のときに、文部科学省の日本語・日本文化研修生の奨学金に応募して名古屋大学に留学しました。 (ファークフォンさん):大学生のときに、偶然奨学金の募集を見ました。タイには日本の企業がたくさん入ってきています。進んだ日本の技術をタイに取り入れて、タイを発展させることを望んで、日本に留学することを決心しました。日本に留学するタイ人は、欧米と比べてまだまだ少なかったので、逆に自分が日本に留学することにより、将来チャンスが広がると考えたのです。

お二人の日本留学の感想を聞かせてください

(ナワラットジャムルーンさん):留学していたときは、名古屋大学の留学生寮に住んでいました。タイでは家族といっしょだったのですが、日本に留学して初めて一人暮らしを経験しました。日本では、北海道や大分のホームステイに参加して日本人の日常生活を見たり、タイにはない日本の四季に触れたりすることもできました。日本では、銭湯にもいきました。タイでは、女どうしでも人前で裸になることはないので、銭湯にいったとき最初はとても恥ずかしかったのですが、大変よい経験になりました。 (ファークフォンさん):私は大学の学生寮に住んでいました。日本人の学生といっしょに生活していたので、たくさんの友人ができました。日本人といっしょに生活することで、お風呂の入り方とか食事、テレビドラマ、音楽など日本の日常生活や文化にたくさん触れることができました。特に、朝御飯のときに日本人が生卵を御飯にかけて食べるのにはびっくりしました。私は大学の少林寺拳法部に入部しました。外国人は自分一人だったので、最初はとてもめずらしがられましたが、仲間と一緒に少林寺拳法部の本部を訪れるために四国に旅行したりしてとても楽しかったです。

日本からタイに帰国して、日本との何らかの関係を持っていらっしゃいますか

(ナワラットジャムルーンさん):タイに帰国して、大学を卒業した後、日系企業に秘書として勤務していました。でも、通訳の仕事だけでは満足できなかったので、コンピュータ関係の日系企業に転職して、営業部門を担当しました。その後、現在の会社に転職して、食品を中心に商品の企画・開発を担当しながら、営業所の運営をしています。将来は、会社で勤務した経験を生かして、自分で会社を経営することが夢です。 (ファークフォンさん):帰国してからは、タイ労働省に入省して、現在、職業訓練アドヴァイザーを努めています。日本の職業訓練制度はとても参考になるので、日本で勉強したことを仕事に生かしています。また、タイの衆議院通信委員会調査室でアドヴァイザーを兼任しています。タイで公共料金を郵便局で支払うことができる制度を作るために、日本の郵便局の制度を調査してアドヴァイスしています。

これから日本留学を考えている後輩たちにメッセージをお願いします

(ナワラットジャムルーンさん):日本語・日本文化研修では、日本語を専攻している学生が世界中から集まります。日本人だけでなく、いろんな国の人たちと知り合って大きな刺激を受けます。それが、帰ってからも自分にとって大きな財産となっています。日本に留学したら、知り合った日本人の顔と名前をしっかり覚えてください。タイに帰ってきてから、日本人と知り合うことも多く、思わぬ再会をすることがあるので。 (ファークフォンさん):日本で勉強するためには、日本語を勉強しないといけません。日本語は難しいですが、がんばって勉強すると、努力した以上にすばらしい将来があります。日本とタイは、政治的・経済的に深くなっているので、お互いを知ることがとても大切です。自分のため、家族のため、国家のため、みんなのために精一杯がんばってください。

掲載日:2004年1月29日